散骨って実際どういう扱いなの?

昨今人気を呼んでいるのが「散骨」です。自由な葬送を望む故人の遺志の場合もありますし、遺族の願いで散骨を行う場合もあるようです。
散骨とは火葬後の遺骨をお墓に納めるのではなく、海や山に撒くことです。「自然葬」とも呼ばれる散骨は、海や山という自然の中に回帰をしていこうという意味合いがあるそうです。自然葬という言葉は1990年代に生まれた言葉ですが、そもそも散骨というものは古くから行われていたようです。遺言として自分の骨は砕いて粉にし、山中に撒くようにとした天皇が800年代には在位していました。浄土真宗の開祖である親鸞は加茂川に入れて魚に与えよと言い残しているそうです。現在の散骨は古くに行われていた、自然に回帰するという理念があるようです。
散骨がよみがえった理由としては、自然回帰を願うこともありますが、社会的な状況もあるようです。少子高齢化や都市化が進み続けている現代、お墓の維持ができないという問題があるのです。新たな墓地の造成が自然を破壊するという人も増えているそうです。しかし法律の問題がありました。散骨が遺骨遺棄罪に抵触しないかどうか、という問題です。散骨が回帰するというのは法を作った時点では想定されていなかったので、現状法則化はせずに、判断は自治体に任されているそうです。ですので禁止されている自治体は存在します。
節度をもって行われる限りは違法性はないとのことで、その節度が問題提起になってきますが、遺骨は原型を残さないサイズまで砕き、生活用水や漁場、養殖をしている場所、海水浴場の付近は避け、沖合で行うようになどという風な一応のルールが生成されているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です