宗教、宗派、宗旨

墓地を売りに出している会社は、お墓に関する専門用語を駆使することがあります。買い手としては、購入して後悔することのないように、事前にそれらの言葉を勉強しておく必要があります。例えば、初心者が違いを認識するのが難しい言葉に、「宗教、宗派、宗旨」があります。「宗教自由」という謳い文句は、買い手がクリスチャンであろうが神道の信者であろうが、墓地を購入できるという意味です。

この条件は性質上、寺院墓地で見かけることはありません。「宗派不問」とは、仏教の分派の別を問わないという意味です。仏教は非常に多くの分派が存在する宗教であり、分派間で教義が大きく異なります。因みに無宗教の人であっても、「宗派不問」とあれば、その墓地を購入することが出来ます。因みに改宗して購入することを希望している人は、「過去の宗派不問」と謳っている墓地を選ぶと良いでしょう。

これらの墓地を購入すると、自動的に檀家になることを覚悟しなければなりません。さて、夫婦がそれぞれ家系の墓を継いでいる場合、最後は自分の家系の墓に入るしかないのでしょうか。実は分骨という手法を用いれば、両家の墓に分けて埋めてもらえます。分骨は分骨証明書が必要になりますが、その証明書さえ提出すれば、葬儀屋で分骨してもらうことが可能です。仮に遺骨を埋めた後に分骨する場合でも、管理者の許可を取れば、遺骨を取り出して分けることが出来ます。分骨すれば、法要等の方法が問題になりますが、あまり深く考える必要はありません。特に宗派が同じであれば、2か所で行ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です