墓地の募集

公営の墓地は、公募を行う時期が非常に狭い期間に限られていたり、希望者が殺到するような状況が、しばしば起こり得るため、非常に人気の高い墓地の形式となっているケースが多くある雑誌に載っていたとされる情報では、募集の倍率が50倍近くに達するようなケースもあるというふうに聞いたことがあるような気がします。また、一年を通じて何度も募集をかけるような霊園などもあることから、どの墓地が最も適切であるかということを考えておくことも重要だと言えるでしょう。なぜならば、家や車の引越しや買い替えなどとは大きく異なり、一度墓地を決めてしまった後に、その場所を移動するということはお金がかかったり手間がかかるため、注意しなければならないからであるとかんがえられます。しかし公的な機関であるという都合から、一切の宗教を関与していないものとするため、どのような宗教を信じている人であっても、お墓に入ることができるというのは、公営の墓地の大きな特徴であるという風に言えるかもしれません。仏教やキリスト教などの様々な宗教の人が一つの家の中に入ることができるのは、日本の宗教の多様性をまさに示しているものであるというふうに考えられるのではないでしょうか?そして、最近では公営の墓地であっても、昔のような閉鎖的な環境ではなく、公園のように開かれたオープンスペースを利用しているものが多いため、広々とした土地に建てられている場合が多いということも人気の一つの要因であるというふうに考えられなくもありません。しかし、これがデメリットという風にも捉えられて、高齢の方や障害がある方なのにとってみれば、自分自身が所有しているお墓のところに行くまでに、非常に歩かなくてはならない距離が増えてしまうというようなケースも存在するようですから、注意しなければなりません。そして、光栄という条件がついているため、墓石を作る際には墓石のサイズに厳密な制限がかけられている場合もあるということを覚えておかなければならないと考えられます。せっかく、墓石を作ったのにもかかわらず、お墓に立てることができないとなれば亡くなった人も喜ぶことはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です