遺品の整理

近年では、さまざまな理由で遺族が遺品整理を行うことが難しいと言う場合も多くなってきているのではないでしょうか。このような時に活躍するのが、遺品整理サービス業者でしょう。こういった業者は、利用者が増えているため、利用者のニーズによってさまざまなサービスが充実してきたと言えるでしょう。遺品を整理するだけでなく、遺品を一時保管してくれたり、貴重品を捜索してくれたり、遺品の供養を依頼できたり、賃貸物件の代理立会人となってくれたり、リサイクル品として遺品を買い取ってくれたり、ハウスクリー二ングから、消毒や消臭、たたみやクロスの新調といったことまで幅広くオプションが用意されている業者もあるようです。出来るだけ遺族が行うことが望ましい遺品整理ですが、やむを得ない場合には利用を検討しても良いのではないでしょうか。しかし、遺品整理サービス業者に依頼しても、経理関係の書類などは、法律で保管期限が定められているため、遺族側で確認が必要と言えるでしょう。たとえば、帳簿や契約書、領収書など、項目によって保管期限が異なるため、わからない場合は専門家に相談するとよいでしょう。また、パソコンも同様でしょう。ディスク上のデータを消しても、ハード上には残っているため、このまま処分してしまうと個人情報が読み取られるという危険性があると言えるでしょう。個人情報保護のために必ず専用のソフトを使用したり、専門業者に依頼したりして処分するようにしましょう。出てくる遺品によっては高価なものもあるでしょうから、そういったことも含め、故人への感謝の変換として、お墓を公園墓地や霊園などといったように選ぶと言うのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です