仏教以外の葬儀

一般的に、葬儀マナーというものは、仏教が主流で語られているイメージがないでしょうか?しかし、近年では、故人がキリスト教信者であるといった場合の葬儀なども多くなってきているように思われます。キリスト教では、葬儀だけでなく、危
篤と臨終の際にも重要な儀式が行われるようです。カトリックの場合であれば神父さんを、プロテスタントの場合であれば牧師さんを呼んで行なうと言われています。この儀式は、まだ意識のあるうちにすることが重要とされているようで、できるだけ早めに所属している教会に連絡することが重要でしょう。また、この儀式に立ち会ってくれた神父さんや牧師さんへの心づけも忘れずに準備しておかなければならないでしょう。儀式の内容としては、カトリックの場合、まだ意識のあるうちに神父さんを枕元に呼び、「塗油の秘蹟」「聖体拝領」と呼ばれる儀式を行なうようです。「塗油の秘蹟」という儀式は、神父さんが信者の告白を聞き、罪の許しを神に祈り、病人の額と両手に聖油を塗るといったものです。「聖体拝領」という儀式は、ぶどう酒とパンを与えるものです。プロテスタントの場合、意識があるうちに牧師さんを呼ぶのはカトリックと同様ですが、儀式は「聖餐式」というものを行なうようです。これは、信者が安らかに天に召されるように祈るとされるもので、病人にパンとぶどう酒を与え、聖書の一節を読むというものと言われています。その後、臨終を迎えた際、遺体の上に聖書を置くまでが儀式であると言われています。改宗などで故人のみがキリスト教の場合などは、遺族間でお墓などの問題についても話し合い、早めに神父さんや牧師さんに相談しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です