臨終後に必要になるもの

一般的に、病院で臨終を迎えた時は、その後、看護師が故人を浴衣に着がえさせてくれることが多いため、浴衣を用意しておくとよいでしょう。近年では、納棺の際に浴衣ではなく、故人が気に入って着用していた服などに着がえさせる傾向も見られるため、必ずしも浴衣でなければいけないということではありません。どちらを着せてもらうかどうかは、家族で相談、もしくは故人の生前の意志に沿うように選ぶと良いでしょう。また、すぐに葬儀場へ搬送するケースも多いため、入院していた期間の費用を支払うため、また、葬儀の費用の支払いのため、早めに現金を用意しておくこともオススメでしょう。時に、危篤時に遺言を遺される方も少なくないのではないでしょうか。
危篤時に遺言を遺された場合、遺産相続とは無関係な立会人が3名以上いなければ、その遺言は遺言として成立しないことになっているようです。その3名の立会人全員に署名捺印してもらうという作業も必要と言われているようです。これは口述筆記で作成することが原則であり、テープなどを使った録音のものは遺言として認められないことになっているようです。また、遺言を作成してから20日以内に家庭裁判所へ提出し、検認を受けられなければ無効となってしまうので注意しなければならないでしょう。遺産相続などではなく、お墓のことや葬儀についての意思表示といったものであれば、このように厳密な手続きを取らなくても、遺族が故人の意志を汲んで、その後の葬儀などに反映していけたら良いのではないでしょうか。家族との別れというのは誰にとっても辛いものであり、とても冷静ではいられないのが普通です。準備をしたくないという気持ちもわかりますが、故人を悔いなく見送るために必要な心構えとしても、日頃から考えて行動しておくと良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です