お墓と子供

現在、お墓を建てようとしている年齢の人たちが、とにかく口にすることが多いという風にインターネットなどでも噂されているのは、「なるべく自分の子供に迷惑をかけたくない」という一言に尽きるという風に言われています。確かに、将来は年金がもらえなくなる恐れなどもあり、子供とお墓に関しての支払いがかさむようになってしまえば、将来の自分の子孫のお金の問題に直結してしまうということは、言えるかもしれません。そのような流れから、最近では、最も一般的と言われるお墓は、先祖代々引き継がれているお墓ではなく、個人的に納骨堂などに納めるような形で安く済ませるのが一般的になってきつつあるという風に言われているようです。当然のことながら、都市部に暮らす人々にとっては、お墓を買うためのお金が全くないという人も多いため、納骨堂などのように骨を引き取ってくれるところに預けるような形で、納骨を済ませようとしている人も多い、という風に言えるのではないでしょうか。最近では、都心部ではビル群の中のビルの一角に納骨堂が備えられており、多くの人が乗り換える駅であるため、親戚や子供などが通いやすいというメリットも見つかっており、利用者が増えているという風にも聞いたことがあるような気がします。また、多様化の特徴の一つとして、自分自身が買って飼っていたペットと、一緒に入ることができる納骨堂というのも存在しており、ダイバーシティを表している、良い例であるというふうに考えられるわけです。昭和のように、お墓はなるべく立派に立てて、友達や親戚などに顔が立つようにするべきだというような考え方は、非常に古臭いものとなっており、現在では様々な形でお墓の形式も多様化しているということは、間違いなく言えるのではないでしょうか。お墓は社会の発達に伴って、多様化しているということだけは間違いなく言えるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です