お墓の需要

最近では新しくお墓を建てるという人が急激に増えているということも相まって、お墓の需要が高まっているという流れもあるようです。昭和の時代においては、お墓の心配をほとんどすることはなく、先祖代々伝わってきた墓をそのまま活用するということが一般的であったわけです。これは大正昭和と続いてきた日本古来の伝統であり、これをしっかりと守るような形でお墓を継続してきたということであります。むしろ、当時の意識としては継続してきたという意識ではなく、そのまま受け継いだという風に考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、最近になってみると、広いお墓があった田舎などから移り住んで都心部で仕事をしなければならないというふうな人がますます増加してきている結果、地方などではお墓が雨ざらしになっていたり、整備が全く届いていなかったりしている場合すらあるというふうに聞いたことがあります。都市部で新しくお墓を建てるという風にあれば、現代では非常に高いお金がかかるということが言われており、団塊の世代の人たちがそれに最も該当する、などという風に言われることもありますが、その世代が退職する際に退職金を用いて大きな墓を買うということも一般的にあったようです。残念ながら現代では少子化が進み高齢化社会が広がるという風に予想されているため、お墓を建てるための土地やお墓の需要は上がっていくと共に、その支払いなどを子供世代がしなければならないと言う構図になる可能性もあるわけで、すべての世代の人が今後の日本のお墓について注目をしていかなければならないということは確実に言えるのではないでしょうか。最近ではお墓に関するセミナーやガイダンスなども無料で開かれているようで、ぜひとも参加してみるといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です