エンディングノートを作ってもらう

親子でお葬式やお墓の話は縁起が悪いような気がして話しづらいものです。

親が亡くなったら親の意思を継ぐのは子どもになると思います。

親の意思を示してもらうのに、エンディングノートを活用するといいそうです。

エンディングノートというのは、介護や療養、延命治療、お葬式、お墓、相続などについての希望を書き留めておくものだそうです。

終活という言葉も一般的になってきました。親の中には、自ら終活をしているという人もいるかと思います。

遺言書と違って気軽にかけますし、本屋さんにも終活ノート、エンディングノートというそのものズバリの名前で書き方をレクチャーするものが売っていたりします。

またお墓のことを聞く際に「お母さん、お父さんのお墓のこと考えてる?」みたいに聞けばいいといいます。

母親自体も夫である父親が死んだあとのことを考えていたりするものです。でも、どこか子ども任せだったり、死んでから考えたいという気持ちもあるようです。

そのときに「お墓は田舎にあるけど……」という風に言ったら、お墓を生活圏に建てたいのかどうかも聞くことができます。

お葬式の規模も聞くことができると思います。

親戚たちが遠い町に住んでいるとか、友人たちのことや同僚や部下など会葬してくれる人たちのことも聞くことができると思います。

最近のお葬式事情なども一緒に考えて、どんな感じのモノにするかを話し合うのもいいかと思います。

後日、お別れの会などをするかどうも、生前に決めておいてもいいと思います。

費用や雰囲気など、誰もが曖昧に感じていることも多いと思います。

親が持っている葬式やお墓に対する漠然としたイメージを具体化するのを目的に、話し合いをしてみるとよいようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です