親に聞いておきたいお墓のこと

お墓や葬式について、親とは生前に話しておいた方がいいこともたくさんあるようです。
菩提寺が田舎にあって、現在は遠いところに住んでいるとなると、お葬式の場所やお墓の場所をどうするか考えなければならないといいます。
生活圏にお墓を立てたいという人も多いかと思います。
人間関係は生活圏によって変わります。
親も友人や仕事関係の人たちが会葬に来てもらえるように、自分の生活圏での葬式を望むかもしれません。
お墓に関しても、遠い菩提寺では困るけれど本家の墓に入りたいということで、分骨を希望する場合もあすようです。
それも親に聞いておかなければわからないと思います。
よく、「夫と同じ墓に入りたくない」という人もいますが、それが本気だった場合も故人の思いを汲まないといけないと思います。
また普通のお葬式でいいと言う人も多いですが、普通のお葬式というのがどういったものか、費用はどれくらいかもわからないと思います。
いざ葬式を出すときにその値段に驚く人も多いそうです。
菩提寺から住職を呼んで欲しいという希望を持っているかもしれません。また、お参りに来てくれた人に美味しいものを食べてもらって欲しいという希望を持っている場合もあります。
葬儀にお金を費やさず告別式を豪奢にしたり、家族葬をして友人たちにお別れの会をして欲しいと思っている人もいるかもしれません。
お葬式やお墓の準備は子供の立場からだとなかなか言いにくいものだと思います。
ただ、親が元気なうちに話し合っておかなければ、わからないこともたくさんあるようです。
親の希望を叶えてあげたいという気持ちで、親と話し合ったらいいという人もいます。
どんな風に親を送りたいかではなくて、親がやって欲しいことができたらいいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です