継承が不要なお墓

子どもが居ないとか、子どもにお墓のことで負担をかけたくないなど考えていくと、お墓の継承問題は気になるところだと思います。

継承が必要とされるお墓は、家墓というもので、先祖代々受け継がれたお墓です。
墓碑に「○○家代々之墓」と刻まれていることが多いそうです。
子孫が継承します。
また、夫婦それぞれの実家など、2つの家が入るお墓のことを両家墓といいます。
一人っ子同士の結婚などで、夫婦がそれぞれの家の墓を管理する負担を減らすことができるそうです。
分骨をしたり改葬をしたりする必要もあるかと思います。

継承が不要なお墓として、夫婦墓というものがあります。
家のお墓というのではなくて、夫婦二人のお墓のことです。
墓碑銘も「○○家」に限らず、自由に決められているそうです。
霊園に行くと、故人の趣味や仕事にちなんだ墓石などいろいろありますが、先祖代々のお墓では作りにくいかもしれませんね。
夫婦二人の名前や好きな言葉を刻む人も多いようです。

個人墓というものもあるそうです。個人で入るお墓のことです。夫婦墓と同じ様に、継承を前提としないそうです。永代供養にすることが多いそうです。
共通の思想や宗教、目的を持った個人が集まって入るお墓で共同墓というものがあるそうです。
共通の思想や宗教、目的を持つ他人同士のお墓で、継承を前提としないそうです。

永代供養墓というのは、継承者がいなくても、墓所の管理者が供養と管理を行ってくれるお墓のことです。合葬墓ともいいます。

個人でも夫婦でも入ることができます。
寺院墓地の中にも永代供養付きのものがあるそうです。菩提寺に聞いてみるのもいいかと思います。
最終的に合葬を望む場合は、納骨堂や共同墓を選ぶのもいいそうです。
お墓の継承者がいるか、いないかで、お墓を選ぶことになるようです。